関連キーワードやサジェストにネガティブキーワードが出ないようにする6つの心得

関連キーワードやサジェストにネガティブキーワードが出ないようにする心得6つ

関連キーワードやサジェストにネガティブな単語が表示されていて困った経験はございませんか?または現在も表示されていて困っているという状況ではございませんか?GoogleやYahoo!にはそれぞれの仕組みで表示される関連キーワードやサジェスト機能がございます。業者に依頼しないと対策できない場合もありますが、仕組みを理解すれば自社でも解決する方法がございます。今回は仕組みからどのように対応すれば関連キーワードやサジェストにネガティブなキーワードが出ないようにすることができるか6つの心得に絞って解説します。

関連キーワードとサジェストの仕組み

関連キーワードとサジェストの仕組み

GoogleやYahoo!にはそれぞれ関連キーワードとサジェスト機能がございます。Yahoo!の表示される仕組みの説明に関しては当サイトの記事「Yahoo!関連キーワードとサジェストの仕組みは?対策に必要な3つのコツ」とGoogleに関しては「Google関連キーワードとサジェストの仕組みは?対策に必要な3つのコツ」で説明していますので、詳しくはそちらを参考にしてください。

6つの心得

心得

仕組みを理解することから始める

関連キーワードとサジェストの仕組みを理解しないとどのような対策を行えばいいのかわかりませんよね。まずは当サイトの解説を全て読んで理解しましょう。

ネガティブキーワードの定義を決める

企業によってネガティブキーワードの考え方や捉え方は違います。

例えばあるA株式会社では「ブラック」「悪徳」「詐欺」だけがネガティブキーワードとして考えるがB株式会社ではそれだけではなく「評判」「社長名」などもネガティブと考えていることもございます。

自社にとってどんな言葉が「ネガティブキーワードの定義」なのかある程度の想定はしましょう。

検索エンジンが相手だということの理解

関連キーワードとサジェストはGoogleやYahoo!の仕組みが相手だということを再確認しましょう。常に仕組みは変わります。つまり表示されるキーワードの仕組みは一定の状態ではないということです。

常に「自社の関連キーワードとサジェスト」の状況はチェックしておきましょう。自社のチェックぐらいなら目視でも可能です。

毎日チェックするのも1日数分で可能です。チェックして「なぜこのキーワードが出ているのか」と考えてみましょう。クリック先のページを閲覧することでキーワードの動向もわかってきます。

ツールを活用することも得策

関連キーワードとサジェストのチェックを人的に行うのも良いですが、ツールを活用することも一つです。無料で使えるツールとして「goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール」を使うこともおすすめします。

たくさん情報を発信しましょう

関連キーワードとサジェストは検索回数が大きな要因となります。したがってネガティブキーワードが出ているなら、そのキーワード以上に他のキーワードの検索回数が多ければ、一部クリアです。情報を発信し続けることで検索ユーザーは他のキーワードの検索者が増えて、結果的に上回ります。

社内のWebリテラシー教育強化

意外にも「ブラック」や「悪徳」などの関連キーワードとサジェストの原因は社内の人間だったというケースも少なくありません。それは少しの「疲れ」「ストレス」「不満」が原因だったりします。

インターネット上は匿名で愚痴を書ける場です。ほんの少し書き込んだことがきっかけで、関連キーワードとサジェストにまで発展することがございます。

社内では、Webでの書き込みがどんな問題を起こすのか研究しましょう。また社員の不満を聞く体制も同時に整えられると良いです。

関連キーワードとサジェストのチェックツール一覧

最後に関連キーワードとサジェストの状況をチェックできるツールをいくつかご紹介致します。有料ではなく無料で使えるチェックツールをご紹介しますので、クオリティや求めていることと違う場合もございます。予めご了承ください。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

http://www.related-keywords.com/

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

http://goodkeyword.net/

goodkeyword - Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

共起語検索

http://neoinspire.net/cooccur/

共起語検索

まとめ

関連キーワードとサジェストにネガティブなキーワードが出ている方や出ていた方はぜひ参考にしてください。関連キーワードとサジェストは検索結果で非常に多くの方が利用する機能です。Webのリテラシーが高い若者が今後増加してくる日本社会では放置できる問題ではなくなります。自社で解決できることは今のうちに行いましょう。

また、対策を外部に依頼する際の費用感などは「Yahoo!関連キーワードとサジェスト対策の費用感と対策期間はどのぐらい?」や「Google関連キーワードとサジェスト対策の費用感は?対策期間まで網羅」でご紹介しています。そちらもぜひ参考にしてみてください。

関連キーワードやサジェストにネガティブキーワードが出ないようにする心得6つ

検索結果・サジェスト・関連キーワード等の
インターネットの風評被害でお困りですか?

そんな時は長谷川ネットメディアSORIX事業部風評被害対策ラボ係までお問い合わせ下さい。