逆SEO対策が成功する方法!料金プランや注意点を解説

逆SEO対策が成功する方法!料金プランや注意点を解説

逆SEO対策で現在成果が出ていない方、逆SEO対策で現在対策を検討している方に風評被害対策ラボが対策方法と効果、料金プランなど、全てをわかりやすく解説致します。

まず、逆SEO対策で一番注意すべきことは、知識がなかったら必ず失敗するということです。そして近年の検索エンジンのアルゴリズムを理解し「正しいSEOの知識」と「正しいコンテンツの制作」が重要だということをご理解ください。先にお伝えしたいことは、検索結果にとって有用なコンテンツを作ることが逆SEO対策の正しい方法だということです。

風評被害対策ラボでは逆SEO対策の実績も成果率も自信がございます。逆SEO対策の方法や手法に関しても他社とは違うクオリティをご提供しておりますが、それも全て多くの実験・検証を行った結果です。詳しくはお問合せから無料相談も可能ですのでご連絡ください。

逆SEO対策とは

逆SEO対策とは「各検索エンジン上で特定の検索キーワードで検索した際の1ページ目の検索結果に表示されるネガティブなサイトを2ページ目、3ページ目に押し下げる対策」です。

例えば「●●株式会社」と会社名を検索した際の検索結果1ページ目に「●●株式会社はブラック企業」というサイトがあると、企業は大きなマイナスイメージが残ります。これが事実ではない場合、余計に大きな経営的なダメージを受けますね。逆SEO対策では削除もできないようなサイトを押し下げることができる対策方法としてニーズがある施策です。

逆SEO対策が求められる理由

逆SEO対策が求められる理由

逆SEO対策が現代のインターネット社会で必要とされ始めている理由は以下のようなことが考えられます。

  1. SNSなどの拡散ツールの誕生で企業の炎上リスクが増えた
  2. 多くの掲示板や口コミサイトで削除申請が通りにくくなり、対策方法が他になくなった
  3. スマートフォンの利用者が増え、インターネット利用者のリテラシーが高まり、検索結果も細かく情報収集される時代となったため

まずSNSなどの拡散ツールが広まったため、今までなら世の中に広まらなかった小さな出来事や企業であれば、顧客対応のミスなどが一瞬のうちに全国、世界へ発信されてしまうようになりました。また多くのサイトで削除申請が通りにくくなっていることも逆SEO対策が必要とされる理由となります。検索ユーザーがインターネットに対するリテラシーも高くなり削除申請などを公開されてしまうと、どのようなツールを使えば拡散され炎上されるか理解してしまい、企業や個人の方が対策できない状態になります。そうなると表にはわかりにくい逆SEO対策に頼らざるしかないということです。

逆SEO対策に効果的な施策方法

逆SEO対策に効果的な施策方法

新規でドメインを取得してサイト制作

逆SEO対策の方法で一番セオリーな施策として新規ドメインを取得しサイトを制作していく方法です。一昔前まではドメインエイジと言って、ドメインが古ければサイトが上位化する可能性があるという情報もありましたが、現在では通用しないと考えて良いです。新規で取得したドメインでもしっかりとコンテンツを作り掲載し、更新し続けていけば上位化することは実験結果にも明確に出ております。

オールドドメインを取得してサイト制作

これは一部の業者では逆SEO対策の方法として今も活用しているようです。オールドドメインを取得しサイトを制作する方法ですが、完全に効果がないわけではありません。良質なリンクが付いたままのオールドドメインであればたしかに効果が見込めます。また即効性も見込めるため一つの方法として検討することは良いと思います。しかし良質なオールドドメインはほとんど市場に出回っていないため、実際は厳しいと当社は考えております。

被リンク施策を活用する

被リンクとは「他のサイトやブログなどから上位化させたいサイトにリンクを貼ってもらう」ことです。新規でサイトを作る際にも並行して行う施策ではございますが、すでに存在する既存サイトを上位化させるために活用される方法でもあります。「ネガティブな対象サイトの少し下にあるサイトに被リンクを設置」すればネガティブなサイトを押し下げるための近道になりますよね。このように被リンク設置をメインに行うこともございます。

情報サイトやメディア媒体に記事を掲載する

逆SEO対策を研究しているなかで一番効果があった方法です。例えば「マイナビ」「リクナビ」と言った世間的に認知度のあるサイトに求人を掲載すると「会社名」を検索した時に早い段階で情報が上位化されます。この原理を活用して、他にも認知度のあるサイトにとにかく情報を掲載することです。

この逆SEO対策の方法を活用している業者はいまだにそんなに多くありません。その理由はどのサイトにどのように掲載すればいいのか知らないことや、掲載までの流れや費用といった情報を知ることがないことが考えられます。

風評被害対策ラボの逆SEO対策はすでに提携している複数のメディアを活用し、記事を制作して掲載するだけで成果達成するケースもございます。その場合二次効果としてメディアの効果で集客につながることもあるため満足度も高いものとなります。

SNSやプロフィールサイトに登録

Twitter、Facebook、Google+、LinkedInなどSNSやプロフィールサイトに企業や個人は登録することもお勧め致します。その理由は逆SEO対策での目的がサイトを押し下げるためなら、強いサイトが上位化してほしいはずです。SNSやプロフィールサイトは登録をして、しっかりと更新を行っていくと上位化するツールとして活用できます。ただし偽アカウントなどは運営側に削除されますので、正規な正しい方法で行いましょう。

やってはいけない逆SEO対策の方法

一部の業者では下記のような逆SEO対策で施策を提供していることがあります。

  • 押し下げたい対象サイトにスパム的な被リンク施策を行う
  • 押し下げたい対象サイトに不正アクセスやクエリを送る攻撃方法
  • 逆SEO対策で上げるためのサイトのコンテンツに無駄にキーワードを盛り込む
  • 対象サイトと同じコンテンツをコピーして量産する

上記のように不正なアクセスやスパム行為を行うことは逆SEO対策でやってはいけない施策と考えましょう。一時的に効果が出て成果達成することも考えられますが一時的です。継続はしないので正しい逆SEO対策の方法をお勧め致します。

逆SEO対策が役に立つ状況

過去のネガティブな記事が存在する

「過去に2ちゃんねる掲示板で炎上していた記事が残っている」「過去に不祥事でニュースになった記事がいまだに残っている」などすでに終わった過去の記事をどうにか見えにくくしたいという場合に非常に効果的です。このような場合は実際に過去にあった出来事のため削除はできない可能性が非常に高いため、下位に押し下げることが解決策となります。

口コミサイトに悪口が書き込みされている

大手口コミサイトなどに従業員や元従業員がネガティブな書き込みをしてしまった。削除したくてもできない場合や現在も書き込みがされている場合は炎上のリスクが高いため、逆SEO対策でバレないように自然にサイトの順位を下げてほしいというニーズにお応えできます。

ニュースで不祥事が報道されてしまっている

難易度は非常に高くなりますが、これからどんどんネガティブな書き込みが増えるであろうとい場合にも効果を発揮できるのが逆SEO対策です。事前に複数のサイトを立ち上げることでネガティブな記事の上昇を防ぎやすくすることも可能です。

弁護士に依頼したが削除できないサイトがある

逆SEO対策で一番ニーズがある場面は、弁護士に削除依頼したサイトや掲示板があったが、管理人や投稿者から削除拒否されてしまった場合には逆SEO対策しか解決する方法はありません。法的な手続きが適用されないサイトや相手が強い因縁などがあり、削除申請するには大きな炎上リスクなどが考えられる場合は、慎重に行動しないといけません。投稿者や管理人に通知しないで検索ユーザーから、誹謗中傷のサイトを見えないようにするには有用なコンテンツを記載したサイトを作って上位化させることが一番安全で効果的と言えます。

逆SEO対策が成功した時の効果

逆SEO対策が成功した時の効果

逆SEO対策を行った結果どのような効果があるのか気になる方もいると思います。それではどんな時に逆SEO対策の効果を感じることができるのか解説致します。

人事採用面で効果がある

求職者は大手求人サイトの情報を閲覧した後に「会社名」を検索する人は約80%前後いるというデータがございます。会社名を検索した際の1ページ目の全サイトを閲覧する人は約10~30%います。ネガティブなサイトが存在すると他の企業を探す可能性が高まってしまいます。せっかく多額な採用費をかけても無駄になってしまう要因になってしまうのです。また、同業他社ではネガティブな情報がない場合、比較された場合では間違いなく負けてしまいます。

ブランディングで有利

多額な費用をかけて広告を出して、興味を持った方が貴社名やサービス名、商品名を検索した際にネガティブな情報があったら何の意味も持ちません。どの業界にも口コミや評判は付き物ですが、この評判や口コミでの差が結果をもたらす時代になってきています。1ページ目にネガティブな情報がないことに損はないのです。

ネガティブがなくなるとポジティブに変わる

犯罪社会学で言われていますが、「落書きがある地域は犯罪が発生しやすい」という教えがあります。これと同じ原理で検索結果や口コミに悪い言葉が存在すると、他にも書かれてしまうことが多いのです。つまり逆SEO対策の効果は今後、ネガティブな情報を増やさないようにする効果もあるということです。

逆SEO対策の料金プラン

逆SEO対策の料金プラン

固定報酬型

固定報酬型とは、月々決まった料金を支払う方法です。固定報酬型の場合、 毎月の料金が決まっているのでコストの計算がしやすいというメリットがあります。デメリットとしては、もし成果がなくてもお金を支払わないといけないため、無駄なコストが発生することがあります。固定報酬型は成果報酬型と違い金額が安くなります。作業費として契約することが多い為成果に関係なく返金はないことが多いです。

成果報酬型

一方、成果報酬型の場合、成果が出たときだけ費用を払う仕組みなので、無駄なコスト支出がなく なることがメリットです。しかし、毎月いくら出費しないといけないのかわからないということは、経営者にとってリスクと考える人もいるでしょう。また、ある業者に依頼をしたがなかなか成果が出ないため他の業者に依頼したところ、最初よりも成果が上がり二重でコストがかかるような事態も起きています。そのため、最初にどこの業者に依頼するかを慎重に検討する必要があるわけです。

逆SEO対策の費用感と料金プランについて解説致します。多くの風評被害対策業者がおり近年ではその対策方法や手法も大変多くのケースがございます。したがって料金プランも多く選択肢がございますので予めご了承ください。逆SEO対策の費用は下記項目によって変わります。

逆SEO対策の見積もりについて

逆SEO対策の見積もりの考え方は以下のポイントによって大きく変わると考えてください。

  1. 検索キーワードの月間検索回数(多いほど難易度が上がる)
  2. 対象サイトの現在の順位(高いほど費用も上がる可能性がある)
  3. 対象サイトの種類(2ちゃんねるや大手口コミサイトだと難易度も上がる)
  4. 検索キーワードのインデックス数(情報が多いほど費用もあがる可能性がある)
  5. サイトを作る際などの依頼者がどれだけ協力的か(記事を作る際にヒアリングする可能性があるため)

上記の項目にしたがって、お見積りの金額が変わります。定額でサービスをご提供している業者もあるようですが、一般的には都度お見積りが必要になります。風評被害対策ラボが今まで約800社ほどのお見積書を作成した経験と、他社からのお見積りを拝見させていただいた相場だと費用感は月額5万円~月額40万円程になります。かなりの幅がありますので下記に一部お見積りの例と算出内容を記載します。

見積の算出例

検索キーワード「●●株式会社」で検索した際の1ページ目5位にネガティブな2ちゃんねるが存在している。

  • 月間検索回数「約1500回」
  • 対象サイトの相談時の順位「5位」
  • 対象サイトの種類「2ちゃんねる」
  • インデックス数「80,000件」
  • 対策はほぼ丸投げ

逆SEO対策で相談が多いケースで上記の内容でした。施策内容は「サイト制作」「被リンク設置」「強いサイトへの掲載」「SNS作成の指示」で12ヶ月間の対策でした。お見積りの金額は「月額10万円」12ヶ月間の対策のため総額120万円での対策でした。内訳はサイト制作で50%、被リンクは構築済みのサイトを使い、サイトへの掲載で20%ほどの費用を使うことを考え、あとは人件費などになります。

逆SEO対策を行う際の注意点

対策サイトの状況を把握

逆SEO対策のする際には必ずサイトの状況を把握してください。すでに炎上中のサイトを対策するにはリスクがつきものです。全く書き込みする人もみている人もいない状況なら対策も難易度が下がります。

社内にはなるべく対策を公開しない

逆SEO対策を社内で行っていることを公開することはなるべくしないようしましょう。なぜなら誹謗中傷は社内の人間が書いていることが多い為です。もし社内の人間が書いていた場合、さらに新しいネガティブなサイトを作成されてしまう可能性があります。

業者に依頼する際はじゅうぶんな比較をすること

どの対策業者に依頼するどうかは事前に調べましょう。しかし風評被害対策業界ではどの業者も同じように思えるという声をよく聞きます。業者によって得意な施策と不得意な施策がございます。もちろん表にそのようなことを記載する業者などいませんので、情報はしっかりと把握しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。今回は逆SEO対策の方法から効果、費用感まで解説致しました。正直ここまで解説している記事は他を探してもないでしょう。費用感や対策方法はまだほかにも細かくございます。ただこの記事の情報を知っていれば対策を行うにあたり、構える姿勢や準備を変わってくると思います。ぜひ参考にしてください。逆SEO対策について詳しく知りたい方は当サイトの「お問い合わせ」からでも無料で承れます。

逆SEO対策が成功する方法!料金プランや注意点を解説

風評被害対策ラボは誹謗中傷対策のプロです


風評被害対策ラボは誹謗中傷対策に特化した専門対策業者です。爆サイ、2ちゃんねる、ホストラブなどの掲示板を始め、検索結果から誹謗中傷を鎮静化させるテクニックまで解決満足度90%を超えるご提案が可能です。

<無料メール相談受付中>

メールなら24時間受付中
(匿名からでも大丈夫)