【爆サイ対策】書き込み削除(依頼)する5つのポイントと投稿者の特定方法

爆サイの書き込みを削除するために知っておきたい5つのポイント

「爆サイ」とは、地域密着型掲示板です。
その地域密着という特性ゆえに、個人や団体が特定できる誹謗中傷があふれているというのが困った特徴のひとつです。

爆サイに個人情報などをさらされてしまった場合、すぐにでも削除したいですよね?
しかし、その手順がわからなければ削除をすることができません。

今回は爆サイの書き込みを削除するために知っておくべきポイントと削除手順を解説いたします。
さらに投稿者の特定方法もあわせて紹介します。

「爆サイに個人情報が漏れた!どうしよう!」とお困りの方は是非目を通してください。

【爆サイ対策】削除のためのポイント1:爆サイの構造を理解する

まず爆サイの特性を知る
冒頭でもふれた通り、爆サイは地域密着型掲示板です。
匿名掲示板の代名詞のように使用される2ちゃんねるの影で、実はそれ以上の誹謗中傷が横行しているとも言われています。

「地域に特化した日本最大級のローカルコミュニティサイト!」を謳い文句にしているだけあり、身近な人が見れば誰のことかわかるような投稿であふれかえっています。

イニシャルなどではっきりとは書かれていないことが多いようですが、同一の人物への攻撃と思われるスレッドが連続して立つことも日常茶飯事です。

また、爆サイの総投稿数は2億件を突破していることもあり、すべてをチェックするのは事実上困難とも言われています。

爆サイは13の地域に分かれている

爆サイは北海道版、東北版、関東版、甲信越版、東海版、北陸版、関西版、山陽版、山陰版、四国版、九州版、沖縄版、海外版で構成されています。

さらに、各地方版の中にニュース、子育て、スポーツ、教育、政治、株式・FX、求人など仕事や生活に役立つ様々な掲示板が設置されています。

特に人気があるのが、市単位、区単位で開設されている雑談掲示板です。

爆サイでは、身の回りの困り事相談などを気軽に投稿することができます。

役立つ生活情報をゲットできる便利さがある一方で、風俗情報掲示板、出会い系掲示板といったディープな側面もあり、必ずしも健全とは言えないのも事実なのです。

【爆サイ対策】削除のためのポイント2:削除依頼フォームから依頼する

爆サイの削除の手順
爆サイでは各スレッドおよびコメントが表示される画面の最下部に削除依頼フォームを設けています。

書き込みの削除依頼はすべてそこから行うことが可能です。
基本的には問題のあるコメントごとの対応になるので、必ずコメント番号を間違えないように記入しましょう。

コメント番号は複数同時に送付することができません。
不適切な書き込みが多い場合には、面倒ですがひとつずつ送信するようになります。

また、爆サイの書き込み削除依頼は必ず削除理由を記載する必要があります。
削除は理由などを利用規約に照らしあわせ、削除人の判断の下に実行されます。

たとえば、個人の電話番号や住所を書き込むことは利用規約違反に相当するため、直ちに削除されます。

一方で、会社の電話番号などすでにある程度公開されている情報については削除できないこともあります。
利用規約違反では「どれだけ公のものか」というのが一つの争点になります。

個人であれ法人であれ、公にしたくないと考えているものをオープンにする権利は、いかに「表現の自由」を大事にしている爆サイでも許されることではないのです。

しかし、正当と思われる理由を添付したにもかかわらず、なかなか削除されないこともあります。
なぜ、このようなことが起きてしまうのでしょうか。

【爆サイ対策】削除のためのポイント3:短時間に何度も削除依頼しない

爆サイの「よくある質問」には「管理人による安直かつ過剰な削除は、表現の自由を侵害する可能性や、違法性・有害情報の判断に於いても、裁判所の司法権を侵すことも懸念される為、慎重に行っております」との文言があります。

つまり、削除依頼を提出してもすぐに処理されるということはなく、慎重に判断されるということになります。
個人情報がさらされている場合などは、一刻も早く削除して欲しいものです。

しかし、爆サイでは72時間以内に同じ内容の削除依頼があった場合は威圧的削除依頼と見なされます。
業務妨害を行うユーザーに登録し、一切の依頼に応じてもらえなくなることもあるので注意してください。

また、削除人といえども相手は人間であるということも忘れてはいけません。
同様に削除人に対して威圧的な言葉を使用するのも営業妨害と見なされ、ブラックリストに入れられてしまう可能性があります。

なかなか削除されずにイライラすることがあっても、グッとこらえてできるだけ丁寧なやりとりを心がけましょう。

【爆サイ対策】削除のためのポイント4:削除依頼は専用フォーマットで!

爆サイの削除が通らない理由を考える
爆サイのサイトにはメールアドレスも記載されているので、そこに削除依頼のメールを出してしまう人もいます。

「爆サイに連絡がとれればいいのではないか」
「メールの方が早そう」
などと考える人もいるかもしれません、それでは受理してもらえません。
爆サイではメールでの削除依頼は一切受理していませんし、「なかなか返事がない」と、何度も同じメールを出すことによってブラックリスト化してしまうこともあるので要注意です。

書き込み削除依頼には必ず専用フォーマットを利用するようにしましょう。

【爆サイ対策】削除のためのポイント5:利用規約を熟知する

爆サイでは、依頼主がどんなに正当な理由と思っていても、削除人に却下されてしまうことは多々あります。
削除人も主観で判断しているわけではなく、あくまでも利用規約に準拠しています。

利用規約を熟読して削除人が理解しやすい削除理由を構築するように心がけましょう。
利用規約は難しいことではありませんし、きちんと理解していることでさまざまなメリットがあります。

たとえば、一つの依頼依頼では一つのコメントしか削除できないというのは大原則です。
同じ理由で複数の投稿を削除して欲しい時にも、必ず別々に削除フォームで申請するようにしましょう。

また、削除を希望するスレッドやレスの番号を間違えていると当然ながら削除されません。
スレッド番号はスレッドの一番上にあるNO.の横の数字、レス番号はレスの#の横の数字になります。
それぞれ、NO.や#を省略して数字だけを記入するという点もくれぐれも注意してください。

さらに、爆サイの利用規約は他の匿名掲示板と比較していも類似しているポイントが多々あります。

いわば、平均的な利用規約といっても差し支えないでしょう。
このような時代にあっては、いつ誰がネット上で誹謗中傷されたり風評被害を受けたりするかわかりません。

いざという時に備えて削除依頼の方法とルールを勉強しておくという意味でも、爆サイの利用規約について熟知しておくことを強くおすすめします。

爆サイの投稿者を特定するには(IPアドレス特定)

爆サイの投稿者(書き込み者)特定するには投稿者のIPアドレスなどの情報を調べなくてはいけません。

もし投稿をした犯人を特定して訴えたい、再発防止のために話し合いたい、慰謝料を請求したいなどの考えがあるのであれば、必ず必要な情報となります。

しかし現実として爆サイ側が投稿者を公開することは100%ありません。

IPアドレスなど投稿者の情報を開示請求したい場合は法的な手続きが必要です。
そのため、ITやインターネットに精通した弁護士に依頼をして開示請求を行うことになります。

爆サイの書き込みを削除するにはプロに任せることをおすすめします

流れとしては弁護士に相談後、爆サイ側に投稿者の情報を開示する手続きを行い、プロバイダ情報を開示してもらいます。

その後にプロバイダ側に手続きをする流れとなります。

必ずご理解いただきたいことは、個人で削除依頼すると「感情的」になってしまう方が非常に多く、削除するための流れを無視してしまったり、管理人への八つ当たりをしてしまうケースが多く失敗してしまうことが多々あるように思えます。

正直にお伝えすると、一度掲示板などに書き込まれた内容や書き込んでしまった内容についてはプロに任せないと、さらなる炎上や効果のないことを行うことになるでしょう。

風評被害対策ラボは御見積り無料です。
まずは現状をご相談いただいた上で、一番の解決策をご提案致しますのでお気軽にご連絡ください。

お問合せからでも無料でご相談を受け付けております。

削除依頼など【爆サイ対策】まとめ

地域の生活に密着したレア情報を入手することができる爆サイは、非常に便利な反面、地方の密接な人間関係のイザコザもそのまま反映されやすい掲示板といっても過言ではありません。
地方ならではの濃密な人と人とのつながりがネットに反映された場合の怖さを垣間見ることができるメディアであるともいえそうです。

禁止事項に抵触するのかどうか微妙なものの、晒されている方としては不愉快な投稿も多々あります。最終的には削除人の判断に委ねられているので、すべては話の持って行きようという側面もあります。

とくに注意しなければいけないのは、最初にメールで依頼してしまったなど初期対応を間違えてしまった場合です。通常ならばすんなり削除となった案件でも、思わずこじれてしまうケースもあります。

もし、個人の削除依頼では通らなかった案件でも、専門家に依頼したところたちどころに解決したという例もあります。

風評被害対策ラボでは爆サイの書き込みでお困りの方のご相談を常に受け付けております。

投稿の削除や対策についてのご相談はお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

爆サイの書き込みを削除するために知っておきたい5つのポイント
掲示板の書き込みを削除したい 誰が書いたか特定したい 弁護士法人アークレスト法律事務所