ホストラブ(ホスラブ)の書き込みを削除依頼する方法!?投稿者の特定までの流れ

ホストラブの書き込みを削除依頼する方法!?投稿者の特定までの流れ

ホストラブの書き込みの削除する方法と投稿者の特定」について解説します。ホストラブのスレッドに悪質な書き込みをされていて困っていませんか?ホストラブは女性に人気の掲示板ですが、女性特有の荒れやすさがあることも特徴のひとつです。老若男女が集う掲示板以上の誹謗中傷が見られることもありますが、削除依頼はどのようにすればいいのでしょうか。風評被害対策ラボでは、誹謗中傷対策のプロとして数々のホストラブの書き込みに対する解決策をご提案して参りました。独自の解決策による解決満足度は90%以上と実績もございます。ぜひ一読ください。

ホストラブ(ホスラブ)の特色を理解する

ホスラブの特色を理解する

ホストラブ(ホスラブ)とは

ホストラブとは月間200万人が利用している掲示板サイト(ホスラブとも呼ばれます)。

「夜の掲示板情報サイト」のキャッチフレーズで、ホスト、風俗、キャバクラなどで働く人が主に利用しています。関東版、北海道版、東北版、東海版、北陸/信越版、関西版、中国地方版、四国版、九州版、沖縄版に分かれていて、各エリアのディープな夜の情報を入手することもできると人気です。

ただし、ホストラブは18歳以下閲覧禁止で匿名のため、どうしても性的な内容や過激な書き込みが一定数あります。店舗ごとのスレッドが立つこともあり、ライバル潰しなどの目的のために誹謗中傷のような投稿があったり、ネットストーカーと思われるような投稿があることも日常茶飯事です。

ホストラブ(ホスラブ)の悪質投稿による影響

ホストラブでよくある悪質な投稿には、同じ店で働いている同僚を貶めるような内容のものがあります。

内部事情に詳しい人がそれらしく、あることないことを書き連ねるというものです。一緒に仕事をしている中でのトラブル等が原因と思われますが、悪口を書かれた方は営業成績にも影響が出かねません。

また、ホストラブでは特定の客に対する中傷スレッドが立つこともあります。接客での行き違いが原因のこともありますし、ライバルの上客を店に通いにくくするのが目的ということもあるようです。

個人攻撃ではなく、店そのものを誹謗するスレッドもあります。確かに問題がある店のこともありますが、事実無根の営業妨害ともいえるような内容のことも多々あります。

スレッドに次々とレスポンスがついて、盛り上がっているように見えることもありますが、じつは一人の人物による自作自演ということも珍しくありません。何人もが書き込んでいる様子を見ると、対処は難しいようにも思えてきますがごまかされないようにしましょう。

もし、削除依頼ガイドラインに抵触する内容ならば、削除をお願いするのは、けっして無理なことではないのです。

ホストラブ(ホスラブ)の削除依頼ガイドラインを把握する

削除依頼ガイドラインを把握する

店舗情報について

ホストラブでは、店舗の情報などすでにどこかで公開されていて、情報価値があり、公益性があると判断されたものは削除の対象にはなりません。インターネット、テレビ、雑誌、電話帳などに記載されているものは削除されないのです。しかし、公益性がなく、誹謗中傷したい相手の個人特定が目的と判断された場合には削除対象となります。

電話番号の扱いはどうなるのか

電話番号はたとえ一部が伏字になっていたとしても、個人情報の場合には削除対象になります。しかし、投稿者がメールアドレスはホスト情報を公開するなどして自己責任にもとに行っている場合には削除されないこともあります。明らかに公的な電話番号、本人が公開したと判断できるものなども削除されません。

メールアドレスやホスト情報はどうなるのか

メールアドレスやホスト情報は、晒し目的で書き込まれることもあります。騙りや悪意の攻撃が飽きらか、趣旨説明もなくオープンにしていると判断された場合には削除対象になります。

誹謗中傷について

個人を特定する情報は、たとえばマスコミに登場するような売れっ子ホスト・ホステスであってもすべて削除対象となります。しかし、公益性があり、スレッドの趣旨に添って直接の関係者や被害者が事実を書き込んでいると判断された場合には削除対象にはなりません。

プライバシーについて

ホストラブでは、公益性がない私生活に関する情報や、普通ならば第三者が知ることのできないプライベートな情報は、たとえ完全に個人を特定することができなくても、中傷するような内容が伴っていなくても、一律削除対象としています。

ホストラブ(ホスラブ)の削除依頼フォームに記入する

削除依頼フォームに記入する

削除依頼に必要な基礎知識

具体的な削除依頼は、ホストラブの削除依頼フォームにアクセスしてお願いすることになります。削除依頼フォームにはスレッド番号、レス番号、500文字以内の削除理由、任意で名前とメールアドレスを記入するようになっています。

スレッド番号とは「20031010121516」のような各スレッドのURLを表す14桁の数字です。ひとつひとつの投稿に振り当てられている半角数字のレス番号とともに必ず記録しておくようにしましょう。

削除理由がどんなに正当でもレス番号がないと無効になってしまうので要注意です。スレッド丸ごとの削除を依頼する場合でも、問題のある投稿のレス番号が必要なので忘れないようにしましょう。すべてを記入したら、青い「依頼する」ボタンをクリックします。これで削除依頼は完了です。

削除依頼についてわからないことがあれば無料で御見積り承ります。

削除依頼履歴で公開される

ホストラブでは、削除依頼が届いているかどうかは削除依頼履歴から確認することができます。すべての削除依頼内容は削除依頼履歴で公開されることになっているのです。公開性というと不安に思う人もいるかもしれませんが、依頼主の名前やメールアドレスが公開されることはありません。むしろ、問題のある書き込みがあることを広く知らしめる場として活用することができるというわけです。

削除までにかかる時間

削除依頼が届き、正当な理由と判断された場合には、96時間以内を目安に削除が実行されます。削除は基本的には問題のあるレス単位に適用されます。

もし、複数のスレッドにマルチ投稿されているのであれば、重複しているレスのすべての番号を申請しなければいけません。また、スレッド全ての削除に関しては、ガイドラインに反しているのかどうか削除人の判断を仰ぐことになります。

明らかに問題のあるレスの削除依頼を出したのにもかかわらず、なかなか実行されないのであれば、依頼の方法に間違いがあった可能性もあります。

削除依頼フォームの手順に従っていない場合は、申請を却下されてしまうのです。依頼ボタンの押し忘れなど不安がある場合には、再度依頼してみることをおすすめします。

削除はボランティアが行っている

ホスラブの削除はすべてボランティアによって行われています。たとえホスラブに不愉快なレスがあったとしても、それは削除人には全く関係のないことです。非難や暴言はお門違いなので、くれぐれも注意してください。

ネットバトルではなく削除依頼を

もし、どこかのスレッドで誹謗中傷するような書き込みを見つけてもネット上でバトルすることはおすすめできません。荒らしや煽りなどは、そもそも相手のいうことを聞くつもりはないので対話するだけ無駄というものです。できるだけスルーを心がけ、見つけ次第依頼削除を行うことをおすすめします。

悪質な場合にはサイバー警察への連絡も視野に

以上のような流れでホスラブは比較的素早く削除依頼に対応してくれます。

しかし、ホスラブができることは問題のあるレスを削除するだけです。もし、書き込んだ本人を特定したいのであれば、お近くの警察署のハイテク犯罪相談室、またはサイバー警察などに相談してみてはいかがでしょうか。

ホストラブ(ホスラブ)の投稿者を特定する方法は?

ここまでホストラブの投稿を削除するためのガイドラインの説明や流れを解説しましたが、悪質な投稿をした本人を特定するには方法があるのか解説致します。

結論から言うと「弁護士などを通した法的な方法」しか投稿者を特定することは難しいと言えるでしょう。何も根拠がなく「恐らくあの人だろう」という推測で「削除交渉」を本人としてしまうと、相手を余計に怒らせてしまい「炎上」または「さらに投稿されてしまう」リスクがございます。ホストラブの特性上、投稿者は個人である場合が多く法的な手続きを行うとなれば、引き下がる人もいます。

しかし大事なことは「弁護士でも得意不得意」がございます。弁護士なら何でも解決できるというわけではございません。ホストラブの削除実績や投稿者の特定までに至った実績のある弁護士を探さなくては解決どころか炎上することもございます。

ホストラブ(ホスラブ)の書き込みをリスクなく削除するにはプロに任せるのが確実です

ホストラブの書き込みを削除するには、個人で申請すると大半の場合は炎上、または再度書かれてしまいます。自分で解決するのに少しでも不安があるのであれば、我々のような誹謗中傷対策のプロに任せることが一番リスクなく安全に解決できます。

それは風評被害対策ラボのように数千件の解決実績があり「どのように」対策を行えば安全なのかデータがあるということが要因です。弁護士によっては相談料金も発生することがあります。風評被害対策ラボは御見積り無料ですのでお気軽にご連絡ください。専門のスタッフが状況分析を行い解決策をご提案させていただきます。

まとめ

ホストクラブ、キャバクラ、風俗などで働く人が集うということもあり、営業目的なのか悪口なのか判断つきかねるような書き込みも少なくないのがホスラブの難しいところです。どんなに過激なことが書いてあったとしても、じつは営業だったというケースもあります。しかし、もし、本人が、明らかに誹謗中傷されている・プライバシーを暴露されていると感じるようなレスを発見したならば、ただちに削除を依頼することで、営業に支障をきたすような被害も未然に防止できます。とにかく早めの行動がカギといえるでしょう。

ホストラブの書き込みを削除依頼する方法!?投稿者の特定までの流れ

風評被害対策ラボは誹謗中傷対策のプロです


風評被害対策ラボは誹謗中傷対策に特化した専門対策業者です。爆サイ、2ちゃんねる、ホストラブなどの掲示板を始め、検索結果から誹謗中傷を鎮静化させるテクニックまで解決満足度90%を超えるご提案が可能です。

<無料メール相談受付中>

メールなら24時間受付中
(匿名からでも大丈夫)