Google関連キーワードとGoogleサジェスト対策の費用感や対策期間はどのくらい?

Google関連キーワードとサジェスト対策の費用感は?対策期間まで網羅

こちらの記事では、風評被害対策を取り扱う企業にGoogle関連キーワードとサジェスト対策を依頼した場合の費用感対策期間などについて解説致します。本記事をお読みになっている方はおそらく、Googleの関連キーワードやサジェストに何らかのお悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。
結論から申しますと、Googleの関連キーワードやサジェストにネガティブな情報が出ている場合、Yahoo!と比べ個人や知識のない企業では対策は難しいと言わざるを得ません。しかしながら、少しでも知識を持っていればGoogle関連キーワードとサジェスト対策の成果は0ではなく、非表示につながる可能性は十分あります。
そこで今回は、Google関連キーワードとサジェスト対策のノウハウをご提供します。

前回Googleの関連キーワードとサジェストの表示される仕組みや更新頻度などを解説しましたので、そちらの記事をまだ読まれていない方の内、Google関連キーワードやサジェストがどういうものかご存知でない方は、先に読まれることをおすすめします。

Google関連キーワード対策の費用感と対策期間はどのくらいかかる?

Google関連キーワードの費用感

定額プランの費用感

Google関連キーワードの対策において、定額プランを提案する業者は現在の所あまりないようです。しかしもし定額プランを採用するとしたら、月額8万円~20万円ぐらいが相場となるようです。ただし、これはあくまで風評被害対策ラボの基準となりますので、業者によって多少金額が前後することも考えられます。
この場合の計算は、人件費だけで済む場合と、プレスリリースなどの広告費だけでの計算となります。

成果報酬プランの費用感

Google関連キーワードやサジェスト対策は、風評被害対策ラボでもそうですが、定額プランよりも成果報酬のプランを提示する会社が多い傾向にあります。
成果報酬プランの場合の費用相場としては、1キーワードあたりの日額成果報酬プランを取る会社が多く、相場は日額2000円~3000円が多いようです。消したいキーワードが何個あるかによっても費用単価は変わってくるので、実際に依頼する前に見積もりはしっかりと確認しましょう。

Google関連キーワードやサジェストの対策期間は最低半年以上が目安

対策期間とは、「消したいキーワードが非表示になるまでにかかる期間」のこと。
Googleにて関連検索ワードやサジェストが非表示となるまでおおよそ6ヵ月~10ヵ月前後の期間が必要とされているため、対策期間もそのくらいを目安にしておくことをおすすめします。

Googleサジェスト対策の費用感と対策期間

Googleサジェスト対策の費用感と対策期間

定額プランの場合

Googleサジェスト対策の定額プランは月額5万円~12万円が相場のようです。幅はありますが月あたりの平均検索回数によって費用感に多少の違いが出てるようです。

成果報酬プランの場合

Googleサジェスト対策の成果報酬プランは1キーワードあたり日額1500円から2500円程度が相場のようです。複数キーワードがある場合は、月額上限という天井を設定することもあるようですね。要するに「月額10万円以上は複数あってもいただきませんよ」というように契約プランを作ってくれるようです。

対策期間の目安

Google関連検索ワードやサジェストの対策期間の目安は、関連キーワードと違って更新頻度が早いことから約2ヵ月前後と言われています。だいたい2~3回ほどの更新のタイミングで非表示成功となる目安があるようです。

こんな業者には注意!?悪質業者の見分け方3選

こんな業者には注意!?

近年、風評被害対策を取り扱う業者は増加傾向にありますが、それに伴いノウハウのない企業が、「対策出来ます」と言って受注しておいて実際には施策をおこなわなかったという事例が多数報告されています。
このような悪質業者はどうやって見分ければいいのでしょうか。ここでは見分ける方法を3つ解説致します。

1.具体的な施策方法を聞く

悪質業者であるか見分けるために、まずはシンプルに具体的な施策方法を質問してみましょう。
これは必ず契約前におこなってください。
その際、具体的な施策方法は示さず「とにかく検索回数を増やします」だけしか言わない業者は要注意。
どのような対策をおこなうかを具体性を持って説明できない業者では、Googleサジェストの施策は成り立ちません。

2.仕組みを理解しているのか確認する

契約前に、依頼をしようとしている業者が本当にGoogle関連ワードとサジェストが表示される仕組みを理解しているのか確認をおこないましょう。確認の際は、風評被害対策ラボの記事を閲覧しながらでも結構ですのでいろいろ質問してみてください。仕組みを理解せずに施策などはできるわけがありませんので、答えられない業者は要注意です。

3. 費用感に納得できるか

Google関連ワードやサジェスト対策の費用感が少しでもおかしいと感じたら、すぐに費用の詳細について質問しましょう。その際には「なぜこの費用がかかるのか」費用の根拠を聞いておくことが重要です。
無形商材なので、人件費とシステム構築代がメインとなります。それ以外に費用がかかる場合は確認しておかないと高額な請求になる場合がございます。

Google関連キーワードやサジェスト対策には時間がかかる

いかがでしょうか。今回はGoogle関連キーワードとサジェスト対策の費用感と対策に必要な期間を解説致しました。さらにこんな業者には注意してくださいというポイントまで記載しました。

Google関連キーワードやサジェストに表示されたネガティブなワードを放置しておくと、ブランドイメージや売り上げが低下したり、信用や採用活動へ悪影響を及ぼすリスクが高くなります。そのため、対策業者に関連キーワードやサジェストの非表示対策を依頼して、ブランディングをしている企業も増えています。

対策には時間がかかりますが、対策業者によって対応が違うこともありますので、施策方法や費用などをよく確認して慎重に業者を選びましょう。

現在対策中の企業や検討中の企業の方には必ずお役に立てる記事だと思います。

Google関連キーワードとサジェスト対策の費用感は?対策期間まで網羅

検索結果・サジェスト・関連キーワード等の
インターネットの風評被害でお困りですか?

そんな時は長谷川ネットメディアSORIX事業部風評被害対策ラボ係までお問い合わせ下さい。