サジェスト汚染って何?関連キーワードが風評被害に!

サジェスト汚染って何?関連キーワードが風評被害に!

検索エンジンを使うと、時には予想もしないような関連キーワードやサジェストが出てくることがあります。

例えば「〇〇 詐欺」といったようなもの。

これは悪いニュースによって因果応報法的にキーワードが増えるだけでなく、愉快犯が実体のないページをたくさん作ることで関連キーワードをでっちあげることができます。

これをサジェスト汚染といいますが、キーワードが汚染されることでどんな悪影響が出てしまうのでしょうか? また、どんな対策があるのでしょうか?

サジェスト汚染ってどんなもの?

サジェスト汚染ってどんなもの?

関連キーワードやサジェストが汚染されると言われてもあまり実感がわかないかもしれません。

あくまでWeb上のことなので物理的に汚れるわけではないのです。

端的に説明すれば「GoogleやYahoo!で検索したときに好ましくない関連キーワードが出てくる」状況で、関連ワードのことをサジェスチョン(提案)ということからサジェスト汚染と呼ばれています。

ここからは事例を交えながらサジェスト汚染の恐ろしさを説明していきますが、まず私たちがどのように検索エンジンを使っているのかをおさらいしましょう。

私たちは、情報を知りたい言葉について検索をします。

例えば分からない言葉を調べる時に、「サジェスト汚染とは」と入力すると本記事のように、関連キーワードの汚染の意味を解説するページが出てきます。

サジェスト汚染とは

しかし、一つのキーワードで目当てのリサーチをするのは膨大な量の情報に溢れるWEB上では難しいことです。

例えば、関連キーワードの汚染を対策したいときに「キーワード」と入れただけでは見当違いな情報が出てきます。

サジェスト汚染の一例「キーワード」

そこで、「関連キーワード 汚染」と入力すると検索の精度が上がります。

サジェスト汚染の一例「関連キーワード 汚染」で検索

このように2つ目、3つ目のワードを提案してくれるシステムがあると、リサーチの時に助かりますよね。

「キーワード」と検索した際に補助機能として「キーワード 汚染」と出てくれたらショートカットすることができて、より求めている情報にたどり着きやすくなります。

これがサジェスト機能です。

ちなみに「キーワード 汚染」と入れたら、一番に出てくるのは空気汚染についての記事でした。

ところが、この提案は存在するサイトの量で決まるため、誰かが悪い情報を流すと、たちまち好ましくないキーワードが発現します。

例えば芸能人が離婚をした場合、たくさんのニュースが流れるので「〇〇 離婚」のようなサジェストワードが出てきます。

また、会社の悪評をいたずらで書かれると「〇〇 ブラック企業」というワードが出てくることもあります。

こちらに落ち度がある場合は因果応報。しかし、サジェスト汚染の怖いところはまったく根も葉もないキーワードを人為的に出現させられることにあります。

対策は困難!サジェスト汚染はなぜ恐ろしいのか?

対策は困難!サジェスト汚染はなぜ恐ろしいのか?

ところで、サジェスト汚染をする人は、どのように関連キーワードを汚染しているのか気になります。

実は、汚染する人が自ら大量に実態のないウェブサイトを乱立させているのです。

たしかに、ホームページ作りに知識は必要ですが、「2ちゃんねる」のような簡単な入力で新しいページの作れるものなら、掲示板を乱発するためのプログラムを作れば、自動的にサジェスト汚染ができます。

要するに「関連度によって、サジェストワードが決まる」という検索エンジンの利点を逆手に取った犯行なのです。

さらに検索回数もサジェストの表示される仕組みとして関係しているようです。「サジェストの表示される仕組み」検索エンジンによって多少の仕組みは違いますが「関連度」「検索回数」は必ず仕組みとして必要となる要素です。

現在はサジェスト汚染への対策が非常に難しい

第一に、サジェスト汚染の対策には労力がかかることが挙げられます。

少なくとも手作業でサジェスト浄化(サジェスト汚染を無くすこと)をすることは不可能で、こちらもサジェスト汚染をなくすためのプログラムが必要になります。

もし、ほとぼりが冷めるのを待てない際は、専門の業者に外注することも考えたほうがいいでしょう。

業者依頼の費用感はこちらから

毒を以て毒を制すわけではありませんが、やはり同レベルの知識を持った人間は頼りになります。

裁判でもメリットが少ないことが、サジェスト汚染対策の難しさ

キーワードの汚染を無くしてもらうには、検索エンジンを訴えなければいけません。

しかし、現在はサジェストワードを削除する義務は原則ないとされています。

仮に、裁判に勝ったとしても検索会社は大きな権力を持っているため、命令を拒否することもあるようです。

特にGoogleは今、世界最大級の企業と言われています。さいたま地裁にて犯罪歴の削除命令が出ましたが、こちらもまだ係争中です。

一番の対策は悪目立ちしないこと

一番の対策は悪目立ちしないこと

よって、キーワードが汚染されたときはそれを諦めるか、専門の業者に頼むかの2択と言えます。

ちなみに、専門の業者に頼むときはその場限りではなく、月々のサポート補償をする形の方がおすすめです。

なぜなら、愉快犯は後を絶たないからです。

しかも、軽率な悪意に拍車をかけるようにサジェスト汚染のためのツールを公然と販売している人たちがいます。

ツールでなくても方法を公開しているページも少なくありません。彼らの人格が疑われますが、今はそれに根本的な対策ができないのが現状です。

最も安全な対策は悪目立ちしないことと言えます。逆に炎上を目的として何かの行動をする場合は、サジェスト汚染を覚悟したうえで行動をするよう覚悟してください。

まとめ

このように、一度キーワードを汚染されるとかなり面倒なことになってしまいます。サジェスト浄化も大切ですが、何よりもサジェスト汚染に巻き込まれないようにするためには健全な活動を心がけましょう。

サジェスト汚染って何?関連キーワードが風評被害に!

検索結果・サジェスト・関連キーワード等の
インターネットの風評被害でお困りですか?

そんな時は長谷川ネットメディアSORIX事業部風評被害対策ラボ係までお問い合わせ下さい。