レピュテーションリスクマネジメントを今企業が行うべき理由とは?

今や誰ものが情報を発信できる時代です。口コミサイトやブログに書き込む、あるいはSNSに書き込むなど、その方法は多様化しつつあります。

この書き込みの内容によっては企業イメージが上がることもあれば、逆に下がってしまう可能性もあるものもあります。場合によっては売上の低迷や質な人材を確保する機会を失うことにつながり企業にとってのダメージは計り知れません。

そんな損失を防ぐべく今、企業のレピュテーションリスクマネジメントの重要性が高まっていると言われています。

では今回はこのレピュテーションリスクマネジメントとは何かついてご説明いたします。

レピュテーションリスクマネジメントとは

レピュテーション、これは「評判」あるいは「名誉」のことを指します。つまりレピュテーションリスクマネジメントとは企業の評判やイメージをいかに監視し、マネジメントしていくかということにあたります。

重要視している企業のブランディングにおいて、この活動は非常に重要です。
なぜなら、よいイメージとして伝わっているものならよいのですが、事実と異なる評判、つまり「風評」が広まってしまえば顧客離れなどを引き起こすだけでなく、社内にいる社員を不安にさせる要素につながり、業績の悪化や社会的信用の低下へとつながりかねません。

そんな第3者からのイメージとのギャップを埋め、正確なイメージを伝えていき、企業イメージを良好に保つ活動がレピュテーションリスクマネジメントといわれる活動です。

レピュテーションリスクマネジメントの種類について

レピュテーションリスクマネジメントには大きく分けて2つの種類があります。

1つは企業にとって良いイメージを持ってもらうべく、企業側から積極的に情報発信を行う攻めのレピュテーションリスクマネジメント、もう1つは企業にとってのマイナスなイメージとなりうるものを監視し、対応して企業イメージが損なわれるのを防ぐ、守りのレピュテーションリスクマネジメントの2種類です。

攻めのレピュテーションリスクマネジメントとは

攻めのレピュテーションリスクマネジメントとは、企業イメージを向上させるべく企業側から情報発信を行っていくことで、きぎょうにとっての良いイメージを作っていく能動的な活動です。

具体的にはテレビや新聞、ラジオから、中吊り広告や看板広告によるプロモーション活動、Facebookやツイッター、Instagramに代表されるSNSを使い、ユーザーへ情報発信する、あるいはコミュニケーションをとる活動があげられます。

自社のポジティブな情報、あるいはユーザーにとって有益な情報の発信を継続的に行うことによって、良イメージを作り、維持することが出来ます。

守りのレピュテーションリスクマネジメントとは

守りのレピュテーションリスクマネジメントは、企業にとってマイナスなイメージとなる情報を常に監視し、対策をとっていく活動です。

具体的には、インターネットの検索結果やSNSなどで、ネガティブな情報が発信されているかを監視し、拡散されるのを未然に防ぐ活動です。
インターネットによる情報の拡散はすさまじく、今後の経営活動に深刻な影響を及ぼします。

また、一度拡散してしまえば、炎上し、企業側からのコントロールが出来なくなる事態につながりかねません。
そうなる前に、いち早く企業側から謝罪や訂正と、対策を打ち出す、誹謗中傷であれば、削除請求などを行っていくことで、企業イメージが損なわれるのを防ぎます。

レピュテーションリスクマネジメントの対象は顧客のみではない

レピュテーションリスクマネジメントを行う対象は顧客や取引先が対象かというとそういうわけではありません。
その範囲は従業員や株主、関連団体などさまざまなステークホルダー(利害関係者)も対象となります。

例えば、企業の業績が良くなっていたとしても、職場環境が劣悪である、あるいは法令を遵守していなければ、イメージと現実のギャップが良質な人材の流出する、優秀な人材が確保できなくなることにつながります。

そういったことにならないようにするためにも法令を遵守する、職場環境の改善に努める、積極的な情報を開示するなどして、社内外において企業のイメージを高める必要があります。

 レピュテーションリスクマネジメントについてのまとめ

インターネットの普及によって、企業と消費者、従業員や投資家などのステークホルダーとの関係性は変わってきたといえます。
企業が打ち出したいイメージと実際のユーザーがもつイメージにズレがでてくれば、いずれ大きな損失につながります。

ネット上でのイメージを向上させることと、ネガティブな情報にいち早く察知し対策を行うことは、企業にとって今や行わなければならない活動の一つになったと言えるでしょう。

そのためには、情報発信と同時にユーザーからの書き込みにいち早く気づき、レピュテーションリスクマネジメントをしていく体制が今後の企業イメージの維持向上の第一歩へとなっていきます。

風評被害対策ラボは誹謗中傷対策のプロです


風評被害対策ラボは誹謗中傷対策に特化した専門対策業者です。爆サイ、2ちゃんねる、ホストラブなどの掲示板を始め、検索結果から誹謗中傷を鎮静化させるテクニックまで解決満足度90%を超えるご提案が可能です。

<無料メール相談受付中>

メールなら24時間受付中
(匿名からでも大丈夫)