検索キーワード削除(検索予測の削除)する方法とは??(Google Chrome)

検索キーワード削除(検索予測削除)

Google Chrome(グーグル クローム)は、Gmailやカレンダーの管理だけでなく、ドキュメントの作成や共有に至るまで、ビジネスマンにとっては必須の便利なブラウザです。
その一方でインターネットのセキュリティが問題視されている昨今、検索ページやYouTube検索時のキーワードの検索履歴やパスワード、クレジットカード情報などが残ってしまうなど、個人情報保護という観点で危惧される一面があります。

やはり万が一を考えて、Google Chromeにおける検索キーワードの検索履歴は削除しておくのが得策です。

Googleアカウントには、様々なアクティビティの履歴が残る

ここでは、Google Chromeブラウザの検索キーワードの検索履歴の削除方法を機能別にご紹介します。

ウェブとアプリのアクティビティ

あなたがウェブやアプリでGoogleで検索をした場合、その検索ワードの履歴や閲覧記録が残っているのをよく目にしませんか。
検索したばかりの履歴は検索時に削除を押すと消せますが、やっかいなのはかつて検索したことのあるワードです。

特に好ましくないワード(わいせつな言葉や画像など)がある場合はドキリとしたりします。

この検索結果の保存された情報を「検索アクティビティ」といいます。
実際には、以下のような検索アクティビティが保存されることになります。
ウェブとアプリのアクティビティ

YouTubeの検索履歴

一度検索したことのある動画を探すときに役に立つのが検索履歴。
YouTubeの検索履歴でも使用歴のある検索ワードが表示されます。
YouTubeの検索履歴

YouTubeの再生履歴

ログイン中にYouTubeの再生履歴を活用するとで、直近で再生した動画を簡単に見つけられます。
また同時に、お勧め動画のレコメンド機能の精度が高まります。
YouTubeの再生履歴

ロケーション履歴

あなたが世界中どこにいたとしても、検索に使用したPCの位置情報が保存されます。
ロケーション履歴

端末情報

あなたの使用している端末の情報のことで、連絡先リスト、カレンダー、アラーム、アプリ、音楽などすべてです。Googleアカウントに保存されたこうした情報を利用することによって、より正確な検索結果や候補が表示されます。
端末情報

音声アクティビティ

音声アクティビティをオンにして、あなたの声などで検索指示をすると、その音声データがGoogleアカウントに保存されます。音声がアカウントに保存されるのは、ログイン済で音声アクティビティをオンにしているときだけです。
音声アクティビティ

Google Chromeからの検索履歴を削除するには

一方、この検索履歴を削除するにはどうすればいいでしょうか。

実際に検索履歴「マイアクティビティ」の削除方法をご説明しましょう。

これには、すべて削除する場合と個別に削除するケースがあります。

PCからの検索履歴の削除方法

1 パソコンでマイアクティビティにアクセス

2 ページ右上にあるタテに.点が3つ並んだサイドメニューアイコンをクリックする。

3 その他のツール(L)にカーソルを移動して「閲覧履歴を消去」を選択

4 いちばん上の「期間」から下矢印で「全期間」を選択し、「データ消去」ボタンを押す。

すべてを消去する場合は「全期間」を選択しますが、直近1時間以内とかの時間別消去もできます。
また、「閲覧履歴」のほか「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」などの個別消去も可能です。

参考:検索やその他のアクティビティの削除

Andloid・iphoneのGoogle Chromeからの検索履歴の削除するには

まして携帯電話といえば、パソコン以上にプライバシーがぎっしり詰まった機器だけに、より注意深く削除方法を知っておくべきです。

たとえば、オフィスで一瞬、離籍しているあいだに親しい同僚に検索履歴を見られたとしたらどうでしょうか。ときには、だれに電話をかけたのかを知られて、親友と気まずい関係になったら困らないでしょうか。

つまり、携帯電話はあなたの行動すべてを逐一記録しているパーソナル金庫ですから、しっかり自己管理をしなくてはなりません。
不要な履歴はこまめに消去しておきましょう。

パソコンの検索履歴はブラウザのメニューから「履歴の消去」をクリックするだけ。
スマートフォンでもほぼ同様です。

Android(Google Chrome)の場合、「通話や着信の履歴」の消去法は、消去したい履歴を選択してスワイプし出てきた「消去」の文字をタップするだけです。もし全部を消去したければ、「編集」から「消去」をタップし「すべての履歴を消去」をタップすると消去できます。
一方、iPhoneの場合はSafariから「履歴」を開いて「消去」をタップすれば、「今日」とかの項目が出てくるので消去したい項目を選べば消去できます。

キーボードの予測変換学習機能の消去方法

スマートフォンの場合、さらにもうひとつ消去したいのが「予測変換学習」という機能です。目的の検索ワードの最初の一文字を入力するだけで、すでに入力頻度によって学習したワードが即出てくるウルトラお役立ちツールです。

メールなどの文章を書く場合はとても便利ですが、つぎのような一文字を入力して以下のワードが出てきたりすると、見た人によっては持ち主の人格を問われかねません。

テ→テロ  ス→ストーカー  じょ→女装趣味  エ→エロ動画

このように検索履歴は個人情報の宝庫にとどまらず、あなたの性格や人柄をも判断する材料ともいえますので、くれぐれも慎重に管理することが大切です。

検索履歴を残さないためにはシークレットモードでの検索がおすすめ

では、とっておきの脱履歴消去術をお教えします。

パソコンの場合

そもそもGoogle Chromeには、シークレットモードという機能がブラウザモードにあります。このシークレットモードを使えば、いちいち検索履歴を消さなくても履歴は残りません。

具体的には、ページ右上にあるタテに.点が3つ並んだサイドメニューアイコンを押して、「シークレットウィンドウを開く」をタップすると画面がブラックアウトします。

この状態で使用すれば、シークレットタブを閉じた時点でも、ブラウザの履歴、cookieの保存場所、検索履歴等は一切残りません。

Androidで履歴を残さないようにする方法

Google(もしくはChrome)をタップしてページ右上のタテに点が3つ並んだサイドメニューアイコンを押し、「新しいシークレットタブ」を選択して起動します。
このシークレットタブを使用して検索すると、タブを閉じても履歴は一切残りません。

iPhoneで履歴を残さないようにする方法

Safariのタブボタンで起動したプライベートブラウズモードを使用すると、閲覧した履歴が残らないだけでなく、しばしば画面上に同時に掲載される広告も掲載されません。

Chrome拡張機能も検索履歴を残さないのでおすすめ

Chrome拡張機能の「Click&Clean」というアプリを使用すると、ブラウザーを閉じるのと同時に閲覧履歴などのデータを削除してくれるので、検索キーワードも残りません。
「Click&Clean」で削除ができるデータの種類は、以下です。

1  閲覧履歴
2  キャッシュ
3  保存したパスワード
4  ローカルストレージ
5  インデックスされたデータベース
6  アプリケーション・キャッシュ
7  ダウンロード履歴
8  Cookie
9  自動入力フォームのデータ
10 WebSQLデータベース
11 ファイルシステム
12 プラグインデータ

削除したいデータの種類を、設定画面で細かく指定することができます。
Chromeの検索キーワードの削除だけでなく様々なデータの削除が可能なので、プライバシー保護としてもおすすめです。

検索窓に表示される検索予測キーワード(サジェスト・オートコンプリート)や関連ワードを消すには?

一方、検索するときに自動的に検索窓の下に複数のキーワードが表示されるのを見たことがありませんか。

Google検索でたとえば、「テレビ め」と入れると、「テレビ メーカー」「テレビ メルカリ」などの検索予測キーワードがそれに当たります。
この機能はオートコンプリート(サジェスト)といって、私たちの検索を大いに補助してくれます。

また、ずらりと並んだ検索結果のいちばん下方には、検索したキーワードに関連する関連ワードが表示されます。

これらの機能は検索する上ではとても便利ですが、自分の勤める会社名をネット検索してみたら、ネガティブなキーワードが出てしまった、などということが起こり得ます。ユーザーにとっては、必ずしもメリットのある機能とはいえません。

しかし、これらの検索予測キーワードや関連検索ワードを消去したくても、先述した個々の検索履歴とは仕組みが異なるため、消去するにはGoogleへの申請が必要となります。

このGoogleへの削除申請は一定のルールがあって、プロフェッショナルの経験が必要となります。だれでも申請すれば、すぐに削除許可が下りるわけではありません。
サジェスト・関連キーワードの削除や企業にとってのマイナスの評判やリスク対策につきましては、ぜひ風評被害対策ラボにご相談ください。

検索キーワード削除(検索予測の削除)する方法まとめ

以上からおわかりのように、検索機能はインターネット検索上、不可欠の機能ですが、検索履歴をそのまま放置しておくと、場合によってはあなたの個人情報を世界中にさらけ出すことになります。

ですので、防衛上、きちんと対策する必要があるわけです。
検索履歴を全期間、1週間などと区切って残す方法、消去するのは閲覧履歴だけか、あなたの事情に合った方法をよく考えて善後策を講じてください。

検索キーワード削除(検索予測削除)
掲示板の書き込みを削除したい 誰が書いたか特定したい 弁護士法人アークレスト法律事務所