マンションコミュニティの書き込み削除3つのコツと投稿者特定方法

マンションコミュニティの書き込み削除3つのコツと投稿者特定方法

マンションコミュニティ掲示板の書き込みを削除するために知っておくべきポイントについて解説します。マンションコミュニティとは、分譲マンションに関する意見交換を行うための掲示板です。マンションの購入検討をする人にとって有益な情報がある一方で、バッシングや競合業者による情報操作の温床となる可能性もはらんでいます。そのため、マンションコミュニティにおける悪意ある書き込みに対しては慎重に対策を採る必要があります。マンションコミュニティで悪質な投稿がなされた場合、削除依頼を出して削除してもらったり、投稿者を特定したりすることは出来るのでしょうか。

マンションコミュニティとは

マンションコミュニティとは

マンションコミュニティとは、誰でも匿名でマンション購入に関連する口コミや意見交換を行うことが出来るウェブ掲示板で、現在ミクル株式会社によって運営されています。

2017年2月現在で16万件近いスレッドが存在しており、個々のスレッドではマンションの住み心地や価格についての話題から、騒音問題や買い替えなどのお悩み相談まで多種多様な話題が取り扱われています。マンションコミュニティは、マンションの購入を検討しているユーザーが集まる「検討板」、すでに購入して居住しているユーザーが集まる「住民板」の住み分け構造となっています。さらに、マンションコミュニティでは特定のマンションについて意見を募るスレッドが多数存在しており、「〇〇マンションの周辺環境はどうですか?」「△△マンションの品質はどうですか?」等と、マンションの実名を上げた具体的なやりとりが頻繁に交わされています。

マンションコミュニティの書き込みには、購入検討者・住民の双方にとって有益な情報ももちろんたくさんありますが、匿名性のある掲示板の宿命として、しばしば悪意あるネガティブな投稿の温床となります。そのような場合には、しかるべき処置を取って投稿を削除する、場合によっては損害賠償を請求するといった毅然とした対応が求められます。

同じくミクル株式会社の運営する、戸建てに関して口コミを投稿できる「e戸建て掲示板の書き込みを削除するには」も解説しておりますので参考にしてください。

マンションコミュニティの書き込みによる影響

マンションコミュニティの書き込みによる影響

さて、仮にマンションコミュニティに投稿された口コミが、特定の企業や個人の信用や名誉を損害するネガティブな内容であった場合、具体的にどういった影響が出て来るのでしょうか。

そもそもマンションコミュニティは、マンションの購入検討者とすでに購入した人たちが意見交換できる場です。一般に住宅は人生の中でも大きな買い物であると言われますが、高い買い物だからこそ、事前に入念な情報収集を行い、悔いのないようにしたいと消費者は考えます。こういった人々にとってマンションコミュニティは、実際に購入した人々の生の声を聞くことが出来る貴重な場です。

しかし注意すべき点は、経験談として書き込まれる内容は必ずしも正当な内容であるとは限らないという点です。購入経験者の口コミを装って、競合する他のマンションの利害関係者が特定のマンションに関するネガティブな投稿を繰り返し、印象操作を企てた例も実際に存在しています。事実を誇張した内容や根も葉もないウソを書き込まれてしまったら、これからマンション購入検討を始めようとしている人に対して悪印象を与えることになります。このような悪質な書き込みは企業の利益にも損害を及ぼしかねないため、決して見逃すわけにはいきません。

マンションコミュニティの書き込みを削除する3つのポイント

マンションコミュニティの書き込みを削除する3つのポイント

ポイント1

マンションコミュニティ上に投稿された悪質な書き込みを削除するためには、ミクル株式会社に対して削除依頼を送信する必要があります。

画面上で、それぞれの投稿の隅に削除依頼を出す専用フォームへのリンクが用意されていますので、フォームに削除を申し立てる理由を明記して送信します。

なお削除依頼は、マンション関係者、不動産業者、住民、購入検討者など立場を問わず誰でも送信可能です。削除依頼は原則24時間から数日以内にミクル株式会社が確認を行い、削除が必要であると判断された場合には問題なく削除されます。

ただし、削除依頼申請者に削除が実行されたかどうかが通知されることはないので、申請者は自分で投稿を再度確認する必要があります。また、削除依頼の内容への返信や回答は行われていないので、削除申請の承認・却下の根拠が開示されることはありません。

ポイント2

マンションコミュニティの削除依頼そのものは誰でも簡単に行うことができますが、削除依頼を送信しても削除が却下されてしまうケースも多いのが難点です。

マンションコミュニティは、「いい情報・悪い情報、どちらもマンション購入検討者にとって有意義な情報である」という方針で削除の検討を行っているため、削除依頼を行っても却下されてしまうことがあります。

例を挙げると、あるマンションについての悪評と取れる内容が書き込まれたとしても、それが購入検討者のために有益な情報であり、特段の違法性は見受けられないとミクル株式会社が判断を下せば、削除依頼が承認されることはありません。削除依頼が却下されると、悪評は掲示板に残り続けることになってしまいます。確実に削除を行ってもらうためには、削除依頼の文面においてその書き込みの悪質さや違法性を的確に伝える必要があります。

ポイント3

マンションコミュニティではIDやIPアドレスの公開機能はありませんが、運営側では全ての投稿の投稿者のIPアドレスが確認できます。削除依頼があった場合、運営はその投稿者の他の投稿と統合的に検討した上で削除の必要性を判断します。

例えば、なりすまし行為によって特定のマンションに関する印象操作を執拗に行うケースは、他の利用者の判断の妨げとなるため削除が認められます。あるいは長期間にわたって特定のマンションに対する批判を執拗に繰り返しているようなケースも削除が認められやすいと言えます。

マンションコミュニティはあくまで購入検討者を応援するための場なので、マンションに対する執拗なバッシングは他の利用者の購入の意志を削ぐものであると判断されます。削除依頼を出す場合には、どのようなケースが削除されやすいかをあらかじめ熟知し、問題の投稿の悪質さを明確に説明することが大切です。

素人が削除申請すると炎上やリスクがある

マンションの関係業者の方がネガティブな投稿を発見された場合、「この投稿は根も葉もないウソです」などと安易に投稿してはいけません。見る者にとっては、まるでマンション側が事実を隠蔽しようとしているかのように映り、いわゆる炎上状態となって短時間で風評被害が拡大してしまう恐れがあります。

ネガティブ投稿を穏便に解決するためには、問題のある投稿が行われたらすぐに運営に削除してもらうことが肝心です。しかし、マンションコミュニティは独自基準で削除の可否を判断するため、削除依頼では削除の妥当性を明確に申し立て、運営側に理解してもらう必要があります。ご自分での対応に不安がある場合は、当社のような誹謗中傷対策の専門家にご相談いただくのもひとつの選択肢です。マンションコミュニティ掲示板の削除についてはお問合せよりご連絡ください。

投稿者の特定方法

投稿者の特定方法

書き込みから受けた風評被害の損害賠償を請求するためには投稿者の特定を行う必要があります。まずプロバイダ責任制限法に基づいて、運営側に投稿者のIPアドレス情報を開示するよう書面で要求します。運営側が要求に応じず、任意開示を行わなかった場合でも、裁判所を通じて手続きを行うことで法的強制力のある開示命令を出す手段もあります。

投稿者のIPアドレスがわかり、投稿者が契約しているプロバイダが明らかとなったら、続いてプロバイダに対して裁判で情報開示を求めます。その上で裁判所が情報開示の必然性を認めれば、そこでやっと投稿者の氏名・住所・メールアドレスなどが開示されます。こういった手続きは複雑で、手間や時間も必要とします。専門知識のない方が自分の力で行うのは少々困難かもしれません。

まとめ

マンションコミュニティでのネガティブな書き込みは、たとえ根も葉もないウソであっても、真実であると思い込んでしまうユーザーも少なくありません。建築業者や不動産業者などに対する悪質な投稿は、何らかの対応を取らなければあっという間に風評被害を招いてしまう危険性を孕んでいます。必要に応じて専門家のサポートも活用しながら、迅速かつ着実に対応し、悪意ある人物に対して毅然とした態度で望むことが必要となってくるでしょう。風評被害対策ラボではマンションコミュニティ掲示板の削除に関して的確な知識と実績数がございます。マンションコミュニティ掲示板の書き込みでお困りな方はお気軽にお問合せ下さい。

マンションコミュニティの書き込み削除3つのコツと投稿者特定方法

風評被害対策ラボは誹謗中傷対策のプロです


風評被害対策ラボは誹謗中傷対策に特化した専門対策業者です。爆サイ、2ちゃんねる、ホストラブなどの掲示板を始め、検索結果から誹謗中傷を鎮静化させるテクニックまで解決満足度90%を超えるご提案が可能です。

<無料メール相談受付中>

メールなら24時間受付中
(匿名からでも大丈夫)