昭和に最盛期を迎えた千束と新昭和が再生をする千束台の違いとは

昭和の時代に隆盛を極めた日本全国での有名な千束。そして新たに千葉県木更津市に建設予定の千束台。似たような名前だが両者はどのような歴史で生まれ、どのような人たちによって作られた街なのか調べてみた。

千束は昭和に最盛期を迎えた娯楽街

昭和と千束台     (浅草観光連盟http://e-asakusa.jp/course/5067より写真を抜粋)

東京都台東区にある千束。中でも千束四丁目は日本でおそらく一番有名な遊郭だ。地下鉄日比谷線だと「三ノ輪駅」が最寄りになりJR線だと鶯谷駅になる。三ノ輪駅からは徒歩で行けるが鶯谷駅からだと多少の距離があるためタクシーを利用する人が多い。江戸時代に幕府が認めた3大遊郭、吉原(千束)、島原(京都)、新町(大阪)の一つである吉原。日本でも最大級だった千束吉原。昭和のバブルと言われた時代、最も多いときは250店舗の遊郭が存在していた。大火事と法律規制により豪華賢覧だった街は次第に勢いを失い今では150店舗まで減少した。

千束という名前の由来は、昔この土地は質の良い水田地帯であった。この地は千の束が出来るほど稲が良く取れるということが地名の由来らしい。

千束台は時間が止まっていた楽園計画地帯である

新昭和と千束台

千束台は千葉県木更津市に(株)新昭和が行う大型分譲プロジェクト「美晴らしの町・木更津千束台」のことである。その過程はいろいろと複雑で請西千束台土地区画整理組合は旧業務代行会社である森本組との裁判と金融機関との特定調停が和解したことにより2015年2月に㈱新昭和を一括業務代行相手として契約したことにより止まっていた事業が再び動き始めたプロジェクトなのだ。

新しく業務代行となった㈱新昭和は烏田土地区画整理組合の不完成住宅のまま完了して解散した羽鳥野3丁目及び4丁目などを、土地の所有者である新日本製鐵や大成建設から正式に購入して再造成を行い、住宅供給を行った会社である。

千束も千束台も街づくりにおいて大切にしていることがある

千束も千束台も流れの中で出来た街ではなく、人工的計画によって作られた理想の街である。

・千束

昭和と千束

千束はもともと何もない田園地帯だったが、江戸の大火事により日本橋付近にあった遊郭を江戸の中心部から離そうとする意図もあって田園地帯を潰して作られた街なのだ。そのため千束3丁目、4丁目付近はしっかりと区画整理して周囲から隔離された街になっていた。今は吉原大門だけがその名残がある。

・千束台

新昭和と千束台

千束台は高台だった未開発地を区画整理して、街全体をカフェが立ち並ぶような街並み計画が進められている。(株)新昭和が打ち出した事業計画によると、街の建物は住宅はそれぞれ外観がカフェスタイルではあるが、街は大きく3つに分けられていて、モダンカフェストリート、ナチュラルモダンカフェストリート、センターカフェストリートとなっていて、それぞれの街の区画には実際のカフェコーナーを設けて地域のコミュニケーションを促進させる作りになっている。

昭和の歴史を引き継ぎ働く千束の方、人々の理想の生活を作り続ける住宅関連の方へ

昭和の歴史が続く千束で働く方。時代が変わり秘密裏の話しほどインターネットでは話題になりました。2ちゃんねる、爆サイなども増えて個人の情報はどんどん漏洩されています。気づいていないのはあなただけなのかもしれない。一度、エゴサーチで調べてはいかがでしょうか?2ちゃんねるや爆サイで悩み事は風評被害対策ラボにて対処方法を掲載していますのでそちらをご覧ください。

人々の理想の生活を作り続ける住宅関連の方。やはりこちらもネットでの情報は不可欠ですが、だからこそ同業どうしの潰し合いなんてことも起きてしまうのが今のネット社会です。マンションコミュニティ、e戸建てなど、住居に関する掲示板はまさに叩きあい。ですがそのまま叩かれてしまって書かれた悪口はそのままでいると大変なことになりますので早めの対処が必要になってきます。まずはマンションコミュニティ、e戸建てなどで自社のエゴサーチをしてみましょう。早めの監視が最大の予防になります。もしマンションコミュニティやe戸建てにて困ったことがあったならば、風評被害対策ラボにて対処方法を掲載されていますのでそちらをご覧ください。

風評被害対策ラボは誹謗中傷対策のプロです


風評被害対策ラボは誹謗中傷対策に特化した専門対策業者です。爆サイ、2ちゃんねる、ホストラブなどの掲示板を始め、検索結果から誹謗中傷を鎮静化させるテクニックまで解決満足度90%を超えるご提案が可能です。

<無料メール相談受付中>

メールなら24時間受付中
(匿名からでも大丈夫)